福岡市の左官・漆喰壁なら【ナチュリエ・工房 株式会社】

福岡市で漆喰壁の塗り替えなど左官工事の依頼ならお任せください!新築住宅から店舗の壁まで幅広い依頼を承っております。

【福岡】漆喰の補修と使用場所 漆喰は仕上がりがよく湿度調整や耐震性に優れた素材!|福岡市で漆喰壁のことなら左官専門業者【ナチュリエ・工房 株式会社】にお任せください!

【福岡】漆喰の補修と使用場所 漆喰は仕上がりがよく湿度調整や耐震性に優れた素材!

古くから福岡市内では漆喰壁を利用している家は多いものです。自然な素材の風合いが綺麗で、化学薬品によるシックハウス症候群の心配もありません。湿度を調整する作用や耐震に関しても高い効果があるためリフォームなどで利用したいと考えている方は多いことでしょう。

しかし地震後にひび割れが起きたり壁に穴が開いた状態を放置していたりすると、そこから劣化して剥がれてしまいます。また長期間使用していることで、下地になっている木材が収縮して漆喰が浮いてしまう、あるいは汚れがついてしまうことも多いです。小さなひび割れや傷などは素人でも修復することも可能ですが、漆喰の浮きや傷みがひどい場合はプロに修復してもらうことで、仕上がりがよく耐震性や吸湿性もしっかりと回復させることができます。この記事では漆喰壁と漆喰補修についてお話しいたします。

漆喰は耐震性や湿度調整に優れているが長期使用すると補修が必要

チェック

古くから各地で使用されている漆喰は福岡でも利用しているご家庭は多く、室町時代あたりには武家屋敷や城壁などにも使用されていました。

漆喰は仕上がりがよく湿度調整や耐震性に優れた素材ですが、永久に使用できるものではなく、長期間使用していると劣化していきます。

その結果、下地にしている木材から浮いてしまったり、汚れが付着して黒ずむ、漆喰壁にビスで穴をあけてしまいその後も残っているということは珍しくありません。また意外に漆喰はヒビが入りやすいものなので、震度が弱くても家が揺れることで簡単にひび割れが入ってしまうことも多いです。

傷んでいる部分をそのまま放置していると、漆喰が剥がれて雨水を吸収してしまい、屋根板などを傷めてしまう原因になりかねません。傷んだ状態を放置しておけば、当然見た目も悪くなってしまい、漆喰壁の耐震性も下がってしまいます。そのため漆喰の状況次第で補修を行う必要が出てきますが、小さな亀裂や穴でしたら素人でも修繕することができます。

しかし、傷みが激しくて下地の木材の伸縮が激しく浮いて剥がれてきているような状態では、素人が簡単に直すのは難しくなります。大きな修繕で耐震性や吸湿性などを取り戻すような作業になる場合は、業者に依頼しましょう。

仕上がりがいい漆喰はどんな素材?どんな場所で使用されている?

外壁

まず、漆喰とは学校のグラウンドで白線を引くために利用している「石灰」に、水を加え泥状にしたものです。漆喰という言葉を知っていても、実際に使用している場所を聞かれると、なかなか思い浮かばないという方は多いのではないでしょうか。

古いものだと、日本の城壁や蔵の壁などに使用されています。漆喰は耐火性が強く燃えることがないため、建物の壁に漆喰を塗ることで火災を防ぐほか、戦のときに鉄砲などから、城を守るための防御としても利用されていました。福岡でも福岡城の城壁に漆喰が使われています。

漆喰の原料である石灰石は、泥状から石灰石に戻るために二酸化炭素を吸収して100年もの歳月がかかります。呼吸しながらゆっくりと固まっていくので、室内の風通しをよくします。蔵の内壁に使用することで、収蔵品を乾燥や湿気から守っています。

また、シックハウス症候群の原因となるホルムアルデヒドを吸着して再放出しない、また湿度調整を行うので結露が発生しないという特徴があるため、今でも一般家庭などで室内の壁などにも使われています。福岡でも最近では家を建てるときやリフォーム時に、湿度調整だけでなくシックハウス症候群の対策として、漆喰を利用したいという方が増えています。このように現代では調湿機能なども注目され、室内外の壁に広く使用されています。

福岡で漆喰の修理をするなら業者にまかせよう

漆喰は石灰に水を加えて泥状にしたもので、仕上がりがよく調湿や耐震性に優れシックハウス症候群の原因となるホルムアルデヒドを吸着するという特徴があります。人や環境に優しい自然素材ですが、長期間使用していると劣化していき、下地の板から浮いてしまったり、穴あきやひび割れが発生するといった現象が起こるので、傷み具合によっては修繕を行わなければなりません。

小さな穴あきやひびなら素人でもDIYで修繕可能ですが、傷みがひどい、あるいは下地の板の収縮がひどい場合には、プロに任せたほうがしっかりと修繕でき仕上がりもよくなります。福岡で漆喰に関することは「ナチュリエ・工房 株式会社」へお任せください。

福岡で漆喰に関することはナチュリエ・工房 株式会社まで

会社名 ナチュリエ・工房 株式会社
代表者名 舛本 春光
住所 〒811-1353 福岡県福岡市南区柏原4丁目34−43
TEL 090-2512-3413
FAX 092-516-5297
URL https://naturie-factory.com/
営業時間 7:00 - 20:00 / 土日定休
事業内容 左官、タイル業
資格
  • 左官一級技能士
  • タイル一級技能士

ページの先頭へ

見積もり依頼してみる